*All archives* |  *Admin*

<<10  2017/11  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  12>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


img123.gif

kuuの8頭の天使達♪
tensi1.jpg

ランキングに参加しています。m(_ _)mペコリ
こちらの3つはにほんプログ村
にほんブログ村 犬ブログ コーギーへ にほんブログ村 写真ブログへ にほんブログ村 犬ブログ シェパードへ





kuuの楽天でのお買い物履歴♪

img123.gif
朝の?お散歩
ちょっと遅めの朝のお散歩・・・多分・・・
太陽は出てるけど、北風が冷たい。そして思ったより北風が吹いている。
地面は霜の張った所や一部溶けた所があったりしてね。

2人でコギ4頭のお散歩が始まったのでした。

091221popo.jpg

ぽぽと

091221hoopu.jpg

ホープの親子コンビ!

091221rina.jpg

りなと

091221hapi.jpg

ハッピーの兄妹コンビ!
に分かれて・・・・

091221popohoopu.jpg

091221poporina.jpg

冷たい北風が吹く中行ってきました。

くるみとべりーは、この後車でお出かけ

帰宅後、お留守番組のコギ達のお散歩が行われました。
日没後の暗くなったお散歩は、やっぱり寒かった。

ミニ知識です。


しつけは飼い始めた時から始まりそのワンコと一緒に生活している限り続くものです。
普段何気なくしている行動がそのワンコにとっては自分の方が上だと思い込み様々な問題行動か発生していきます。
飼い主がリーダーシップを発揮して良い事、悪い事を教えていきます。
日々の生活でそれぞれ必要なしつけをしていきます。
訓練(トレーニング)は、座れ・フセ・マテ・来い・物を持ってくる等の芸を教える事であり、トレーナー任せで訓練を行っているとトレーナーさんとの主従関係が構築されていきトレーナーさんが傍にいれば何の問題もおこらず良い子にしていますが・・・飼い主さんだけになるととたんに結う事を効かなくなります。
飼い主さん自身の手で一緒に行っていきます。トレーナーさんが主体で訓練を行うのではなく飼い主が自らしつけトレーニングを行っていきます。これらは日々の生活の中でも行っていきます。
飼い主がリーダーであるように普段から行動できるようにしていきます。
トレーナーはある意味飼い主に犬の正しい扱い方を教えていくものだと思ってください。
その時のワンコの状態を見ながら判断し指導していきます。
なのでワンコのその時の状態を見ながら指導していくのでその時にそのときによって指導の仕方が変化していきます。

問題行動の改善は、癖やトラウマからくる条件反射を直すようなものです。
人間の癖と同じようにそう簡単に治るものではありません。長い時間がかかるものだと思って下さい。
問題行動をそのまま放置しているということは、それらの問題行動が行われる度にその行動が強化されていくからです。
(逆に問題行動を訓練しているとも言えるからです)
問題行動を放置した期間だけ治すのに時間が必要となってくるでしょう。(個体差があります)
1日2日でなおることは稀ですし、もしなおったように見えたとしても、それは一時的なものでしかありません。
治ったつもりでも何かの拍子にその問題行動がでてしまう事があります。
(トラウマとなってしまった場合その過去の出来事と重なってしまった状態のときに)

問題行動を起こす犬の中には運動不足や外的刺激不足が原因でストレスとなってストレスが高ぶった結果いろんな問題行動を起こしていまう犬もいます。
勿論ストレスから、自虐行為をしてしまう犬もいます。
自分の体の一部を舐めまくったり、噛んだり、尾を食いちぎってしまう場合もあります。

不快感(苦痛・恐怖・痛み・ストレス)が高まっていくと怒りに発展し、さらに攻撃行動へと発展してしまう。(威嚇・噛む)
苦痛も個々の固体によって感じ方も様々で個体差があります。
犬の忍耐は、訓練やしつけによってコントロールできるものですが、かなり個体差があります。
犬それぞれの許容範囲を超えてしまうと(我慢の限界)お口が出てしまいます。(噛む・威嚇)


○ 空腹にさせない
○ 運動の量を増やす(散歩の時間を長くする)
○ ワンコとのスキンシップの時間をしっかりとる
○ 不安を和らげる
これだけの事で問題行動が改善される場合もあります。

中には体調が悪くてそしてイライラし問題行動に発展する場合も稀にありますので獣医さんで健康診断を受けてみる事も必要かと思います。
例えば、皮膚病で体がいつもかゆい=イライラする。イライラが高まってストレスとなりいろんな問題が発せいするみたいな

いくつかの対処方法として・・・

○ 問題行動がでたら無視をする事
要求に対して応えない事です。
吠えていても無視をする事です。犬が吠えなくなってクールダウン(落ち着いたら)褒めてあげましょう。
要求しなくなったら褒めてあげる事が重要となってきます。
無視を長時間続けない事。落ち着いたら褒める・スキンシップをとるようにする。

○ 問題行動の原因を取り除いてあげる事です。

○ 苦手なものに対して徐々に慣らしていくという方法です。
(急激に行うと逆効果となってしまう場合があります)

○ 好ましくない行動の変わりにやっても良い物を与える方法です。
例をあげると家具など齧ってはいけない物と齧っても良い玩具などを与える方法です。

○ 観察による学習 
例をあげると、先住犬の良い行動に対して飼い主に褒められたのを見て、自ら同じ行動をして自分も褒めてもらおうとする事です。

○ 条件付け
例をあげるとピンポンがなるたびにおやつをあげるとそのうちにピンポンがなっただけで涎が出てしまうような事です。

しつけ&トレーニングにおいてよい行動をした瞬間に褒美を与える。
人&犬共に楽しく訓練すると学習効果があがります。そして訓練は失敗で終わらせるのではなくて成功して終わらせる。
また、犬がもう少し訓練したいとおもうくらいの段階で終了すると良い。
集中力が散漫になってくると学習能力が低下します。自分の犬がどれ位の時間だったら楽しく集中して訓練できるのか把握していると良い。
最初は静かな環境(集中できる環境)で行い、その環境でできるようになったら、徐々に刺激の多い環境で同じように行い、最終的にどんな状況下に置いても飼い主の指示に1声符でコントロール出切るように仕上げていきます。

褒める=ペイント(食べ物)・褒め言葉・愛撫・遊び(ボールやおもちゃなど)
犬が興奮するような褒め方は、学習効果は上がりません。
ダラダラ長時間行うようなやり方も学習効果は期待できません。逆に訓練を嫌がるようになる場合もあります。

飼い主がリーダーシップを発揮するには
 ○ 食事は飼い主が先に食べる
 ○ 出入口は飼い主が先に出る。
 ○ お散歩中は飼い主より先に歩かせない。散歩の道は飼い主が決める。
 ○ おもちゃなど最後は飼い主が片付ける
(犬が勝者のまま終わらせない。飼い主が勝者となるように終わらせる)
 ○ 一緒に寝ない。ソファーやベットの上には乗せない。
 ○ 犬のいいなりにならない事。催促されても応えない事。
 ○ どこでもさわれるようにする。
 ○ お散歩は一番最初に行うのではなく一通りして時間が空いたときにいく。
(朝起きてすぐ行くのではなく、一時ついてからいく。外出から帰ってきてからすぐ行くのではなく一休みしてから行く、これだけでも散歩前の催促吠えがなくなります)

飼い主が主導権を握る事です。

*「うるさい」「いけない」などと声をかけると、逆にかまってもらっていると勘違いする為余計に吠えてしまう場合があります。
* お散歩中、すれ違いのワンちゃんに吠えるので「うるさい」「いけない」と叱っているとワンちゃんによっては、逆にお前が来るから叱られると思い込み逆に吠えてしまう場合があります。

社会性をつけさせるためには、人や犬に慣れさせます。そして生活していく為に必要な環境を経験させてあげます。
穏やかな犬やその飼い主さんに協力してもらうなど。
気性の激しい犬の場合、吠えられたり、噛み付かれたり、追い掛け回されたりした結果、余計に犬に対して警戒し吠えてしまう場合もあります。馴れさせたいのに逆に悪化させてしまう。逆効果になってしまう場合がありますので、穏やかな犬に協力してもらうのが理想です。

ちなみにkuu家は子達と同じ布団で寝てますし、ソファーや椅子等にも一緒に座ったりしています。
我が家の場合は、上下関係がしっかり出来ているから出来る事ですが・・・
可愛がる時は思い切り可愛がるし・・・・
駄目なものは駄目とはっきり態度で示します。

こうなって欲しいと思う飼い主の想いが強すぎると逆にストレスとなってしまいますので注意しましょう!
飼い主に対して従順であるのが一番です。
病院でもしっかり飼い主が抑えて診察できるのであればいいのです。
本来群れで生活していますのでその群れで上手に生活できていればいいからです。
別の群れとは縄張り争いなどが発生しますよね。本来別の群れと仲良くする必要がなかったのです。


社会化期→4週齢~12週齢までで、最も環境に興味を持つ時期で人との絆も築きやすいく性格が作られていく時期
この時期に人との関わりが少ないと人との関係に悪影響を与えてしまいますので
(例えばブリーダーが餌だけ与えている場合など)
親・同年齢(胴胎犬)の犬達などの犬社会と人の手が加わるこの2つの要素が必要となります。
兄妹犬と遊びながら、どれ位の強さで噛むと痛いのかなどの手加減を覚えていきます。それと同時に犬同士の挨拶の仕方を覚えていきます。


数日かけて書いているうちにどんどん内容が増えていった。




img123.gif

kuuの8頭の天使達♪
tensi1.jpg

ランキングに参加しています。m(_ _)mペコリ
こちらの3つはにほんプログ村
にほんブログ村 犬ブログ コーギーへ にほんブログ村 写真ブログへ にほんブログ村 犬ブログ シェパードへ





kuuの楽天でのお買い物履歴♪

img123.gif

コメントの投稿

Secret
(非公開コメント受付中)

コメント

ペットプロヒィール
コーギー・りな・♀
1997年7月7日
070707rina2.jpg

コーギー・ぽぽ・♂
1998年10月30日
081030popo1.jpg

コーギー・ホープ・♂
2000年5月31日
080531hoopu3.jpg

オゥシー・くるみ・♀
2005年6月14日
070614kurumi3.jpg

シェパード・べりー・♀
2006年8月12日
070812beri04.jpg

天使達の紹介
000000Brorisu06.jpg
シェパード・ロリス・♀
1987年1月13~1997年7月4日

000000Brari03.jpg
シェルティー・ラリ・♂
1983年3月20~1999年11月24日

000000Bkuu11.jpg
シェパード・くう・♀
1992年7月24~2001年11月9日

000000Barudo03.jpg
マルチーズ・アルド・♂
1993年5月16日~2002年5月4日

000000Bami02.jpg
マルチーズ・あみ・♀
1992年1月9日~2003年11月11日

000000Bsara04.jpg
コーギー・さら・♀
1994年6月17日~2004年5月8日

000000Bburanka06.jpg
シェパード・ブランカ・♀
1993年6月7日~2006年5月16日

000000Brui05.jpg
コーギー・るい・♀
1992年6月14日~2006年10月17日

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
Fc画像掲示板
月別アーカイブ
リンク
カウンター
現在の閲覧者数


訪問ありがとう♪

また遊びに来てね。
RSSフィード
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
楽天
広告


お買い物は
楽天市場

朝の一時にこれ1杯






ペットのお店









広告2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。